3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

兵庫初のプロバスケチーム「兵庫ストークス」誕生-ロゴ・キャラクターも発表

プロバスケチーム「兵庫ストークス」のロゴとキャラクター

プロバスケチーム「兵庫ストークス」のロゴとキャラクター

  • 0

  •  

 プロバスケットボールチームの運営を行う「アスリートグリーン兵庫」は3月9日、「神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ」(神戸市東灘区)内のスポーツパブ「アリーナ」でチーム始動会見を開いた。

「兵庫ストークス」のGM・北村正揮さん、ヘッドコーチ・BT テーブスさん、アシスタントコーチ・楠本和生さん、長尾強司選手、中村大輔選手

 同チームは1月、兵庫県で初のプロバスケットボールチームの立ち上げに向け、男子バスケットボールJBL2(日本バスケットボールリーグ2部)に準加盟。2~3月にかけてチーム名の公募をはじめ、選手選考のためのトライアウトを行うなどし、準備を進めてきた。

[広告]

 冒頭、兵庫県バスケットボール協会理事長・宇都宮敏晴さん、日本バスケットボールリーグ専務理事・吉田長寿さん、そして同チーム代表の田中浩一さんがあいさつ。田中さんは「プロバスケットチームを作ることが長年の夢だった」と話し、「皆さんのご協力のおかげで、ようやくスタートラインに立つことができた。『全ての人々から愛され、感動と夢を分かち合える最強のチームを目指す』を理念に頑張っていきたい」と話した。

 会見では、初公開となる「チーム名」「チームロゴ」「チームキャラクター」を同チームゼネラルマネジャーの北村正揮さんから発表。チーム名は「HYOGO STORKS(兵庫ストークス)」。「STORKS」は英語で兵庫県の県鳥であるコウノトリを意味し、263通の応募の中で特に多く含まれていたという。

 チームロゴは、海と山を表すネイビーとグリーンのチームカラーに、コウノトリのほか、神戸ポートタワーや明石海峡大橋のシルエットが描かれている。「都会的な部分と大自然を持ち合わせている兵庫県をイメージした」と北村さん。「神戸市と姉妹都市であるシアトルのアメリカンフットボールチームの『シアトル・シーホークス』と似た色合いにさせていただいた。神戸とワシントン州はとても似ているところもあるので」とも。

 チームキャラクターは、アメリカンコミックのヒーローをほうふつさせるデザイン。「インパクトがあり、子どもから大人まで幅広い世代に受け入れられるようなヒーローをイメージした。名前はまだ決まっていない」と話す。

 その後、初公開となる「チームスタッフ」と現時点で入団が決まった選手が紹介された。初代・ヘッドコーチには六甲アイランド・カナディアンアカデミー(東灘区)教師のBT テーブス(Burke‘BT’Toews)さん、同・アシスタントコーチには楠本和生さんが就任。選手として、元bjリーグ高松ファイブアローズの長尾強司さんと鹿屋体育大学4年の中村大輔さんの兵庫県出身の2人が入団した。最終的には外国人選手を含み計12人で編成する。

 同チームは、5月にもJBL2への正式加盟が承認され6月から本格的に活動する見込みで、今秋10月開幕の2011~12年シーズンから参入。2012~13年シーズンにはJBL(リーグ1部)への昇格を目指す。田中さんは「3カ年計画でJBL昇格を目指すにはチームとして勝たなくてはいけない。参入初年度からチャンピオンを狙う」と意気込みを語った。