食べる 暮らす・働く

神戸・西元町にカフェとクラフトビールの店 「マザームーンカフェ」創業者が新業態

1993年に三宮で開業した人気カフェ「マザームーンカフェ」創業者の木村良介さん

1993年に三宮で開業した人気カフェ「マザームーンカフェ」創業者の木村良介さん

  •  

 神戸・西元町のカフェとクラフトビールの店「GARDENbymothermoon(ガーデンバイマザームーン)」(神戸市中央区北長狭通7、TEL 078-341-1555)が7月2日のオープンに向けて準備を進めている。

2階ラウンジ風のソファ席

 同店は、1993年に三宮で開業した人気カフェ「マザームーンカフェ」創業者の木村良介さんが手掛ける新業態。2000年~2014年、木村さんが麻布十番(東京都港区)に出店した2階建ての家カフェ「CAFE LIFE CAFE(カフェ・ライフ)」を神戸に再現したいと店舗住宅をリノベーションした。

[広告]

 店舗面積は約24坪。1階にカウンター8席、ラウンジ風の2階にソファ10席、テーブル10席を用意する。幼少期に両親が近所の市場で総菜店を営んでいたなじみ深い土地に昔の活気を取り戻したいという思いから、中古物件を購入。もともとクリーニング店だった昭和の雰囲気が残る建物の良さを生かしながら、木村さん自ら内装をデザインし、「家のようにくつろげる空間」に仕上げた。

 メニューは、クラフトビールをはじめ、父の総菜店の人気商品だったコロッケやコロッケを使ったサンドイッチ、マザームーンカフェのケーキなどを予定している。

 木村さんは「街の皆さんの憩いの場になってほしいという気持ちから、庭のようにくつろぐことができる空間という意味で店名を付けた。表にあるクリーニング店の看板は目印のために残そうと思っている。都会的な既存店の雰囲気とのギャップも楽しんでいただけるのでは」と話す。「まずは1階と2階での営業を開始するが、今後は3階と屋上、裏庭部分も活用したい」とも。

 営業時間は11時~22時。