食べる

北野工房のまちでワイン100種飲み比べイベント 9回目

バイ・ザ・グラス神戸実行委員会事務局の瀬戸烈さん

バイ・ザ・グラス神戸実行委員会事務局の瀬戸烈さん

  •  
  •  

 神戸の体験型観光スポット「北野工房のまち」(神戸市中央区中山手通3)3階講堂で2020年2月16日、ワインを楽しむイベント「By the Glass KOBE(バイ・ザ・グラス神戸)2020」が開催される。

「バイ・ザ・グラス神戸2020」フライヤー

 2010年に初めて開催し、今回で9回目を迎える同イベント。「ヨーロッパ文化が色濃く残る神戸の街で、気軽にワインを楽しんでほしい」という趣旨で始まった。

[広告]

 当日は、小売価格2,000円~6万円相当のワイン約100種類を1杯(35ミリリットル)100円~3,000円で提供。経験豊富なソムリエや普段なかなか接点がないインポーターと直接コミュニケーションを取ることもでき、ワイン初心者から愛好家まで幅広く楽しめる内容になっている。

 ワインブースは、「徳岡」「フードライナー」「ヘレンベルガーホーフ」「三国ワイン」「布袋ワインズ」「日智トレーディング」などが出展。フードブースでは、「北野工房のまち」にも店舗を構える神戸ビーフ専門店「神戸北野 旭屋精肉店」(中山手通3)が神戸牛のコンビーフや神戸ポークの生ハムを、「神戸・近藤亭 Quiche-ya(きっしゅや)」(山本通1)がキッシュなどを提供する。当日限定のスペシャルメニューも用意する。

 実行委員会事務局の瀬戸烈さんは「家で飲むリーズナブルでおいしいワインを探したり、普段は手が届かないような憧れの銘醸ワインを味見したり、楽しみ方はいろいろ。毎年楽しみに訪れるリピーターも多い。ワインを難しく考えず、気軽に楽しんでもられば」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は11時~17時。入場料は2,000円(テイスティンググラス、1,000円分金券引換券付き)。前売りチケットは1月2日から、「神戸・近藤亭 Quiche-ya」「神戸北野 旭屋精肉店」「ビストロ・レクレ・神戸」で販売する。定員は300人。問い合わせは「ビストロ・レクレ・神戸」(TEL 078-221-8090)まで。