食べる

神戸・鯉川山手に「ビストロ・レクレ・神戸」 エリア活性化する「大人の遊び場」目指す

「BISTRO RECRE KOBE(ビストロ・レクレ・神戸)」オーナーソムリエの瀬戸烈さん(左)とシェフの鈴木雅也さん(右)

「BISTRO RECRE KOBE(ビストロ・レクレ・神戸)」オーナーソムリエの瀬戸烈さん(左)とシェフの鈴木雅也さん(右)

  •  
  •  

 ビストロ「BISTRO RECRE KOBE(ビストロ・レクレ・神戸)」(神戸市中央区中山手通4、TEL 078-221-8090)が5月12日、鯉川山手エリアにオープンした。

8種類から好きなソースが選べる「骨付き仔羊」

 店舗面積は16.78坪。席数は、カウンター席8席、ソファ席8席、ボックス席6席を用意する。

[広告]

 オーナーソムリエの瀬戸烈さんとシェフの鈴木雅也さんは、神戸北野ホテルグループに勤めていたころに出会ったという。料理とワインに対する考え方に共通点が多く、「一緒に店をオープンしたい」との思いをかなえ、出店にこぎ着けた。

 瀬戸さんは出店場所に鯉川筋の山の手(通称=鯉川山手エリア)を選んだ理由について、「ここは昔ながらの店もあり下町情緒のあるエリア。住宅街も近いため人の従来が多く、帰り道や買い物途中でも立ち寄りやすい立地であること、欧米の方も多く住んでいるため日本と世界をつないできた神戸の港町らしさを感じることができる」と話す。

 店内には、明るい照明とオリーブグリーンのソファやブラウンのテーブルを配置。「オープンキッチンからお客さまの表情が見えるよう半個室以外の席は全て2人とお客さまが対面となるよう配置した。フランスのいつも地元の人でにぎわう大衆的食堂をイメージし、軽く飲んで食べていただくこともしっかり食事とワインを楽しむこともできる。気軽に日常使いしてもらえれば」と瀬戸さん。

 メニューは、「自家製グリッシーニ」「フレンチフライ」(以上500円)、「魚介類の薫り包み焼き」(1,800円)、8種類のソースを用意する「骨付き仔羊」(1本800円)、「ステックフリット」(2,000円)など。

 ドリンクは、ワイン(グラス=700円~1000円)、スパークリングワイン(同=900円)、シャンパーニュ(同=1,500円)、ビール中瓶(900円)、黒ビール(800円)、ソフトドリンク各種(700円)などをそろえる。

 瀬戸さんは「お客さまから好みを聞いてからワインをお出ししているので、気軽に楽しんでほしい。私たちはよく来店のお客さまを『おかえりなさい』とお迎えしている。店名のレクレはフランスの口語で学校の授業の間の休み時間などのことを指す。言語はレクレアシオンといい、再創造という意味もある。フランス人はこの時間を次の動きに向けての準備時間というとらえ方をしている。1日の終わりにおいしい食事とワインで癒やされていただき、翌日に向けて自分を取り戻し再創造できる大人の遊び場にしたい。貸し切り利用についてもご相談いただければ」と話す。「近隣の店と協力し合い、鯉川山手エリアから神戸らしさを発信し、たくさんの人が集まる魅力的な場所にしていきたい」とも。

 営業時間は16時~22時(食事の予約は18時~20時)。

  • はてなブックマークに追加