食べる 買う

神戸の「淡路屋」が「クリスマス版 ひっぱりだこ飯」 コロナ禍に楽しい話題を

クリスマス仕様に仕上げた期間限定の「クリスマス版 ひっぱりだこ飯」

クリスマス仕様に仕上げた期間限定の「クリスマス版 ひっぱりだこ飯」

  • 40

  •  

 神戸の「淡路屋」(本社=神戸市東灘区魚崎南町3、TEL 078-431-1682)が12月11日、期間限定の「クリスマス版 ひっぱりだこ飯」の販売を始めた。

10月に限定発売した「ハロウィン版 ひっぱりだこ飯」

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、例年のようにハロウィーンイベント開催が難しいことから自宅で楽しんでほしいと、10月に3日間限定で「ハロウィン版 ひっぱりだこ飯」を発売。想定以上の反響があったため、明るい話題の需要が高まっていると確信し、引き続きシリーズ最新作として「クリスマス版」の発売に踏み切った。

[広告]

 クリスマスイルミネーションをイメージし、イクラやツリー型のかぼちゃ煮、星形のニンジン・ダイコンなどを盛り付けた同商品。通常の容器はタコつぼ風の茶色の陶器を使っているが、クリスマスらしい銀色に。掛紙もクリスマス仕様に仕上げた。価格は1折1,200円。

 新神戸店、神戸店、西明石店、芦屋店、西神中央店、神戸阪急店、神戸大丸店などで販売するほか、宅配サービスや同社オンラインストアにも対応する。

 同社営業部の仙波沙織さんは「今年はオードブルなどの料理をシェアしづらいので、このお弁当を家族や仲間と一緒に食べてクリスマスを楽しんでほしい。地方発送にも対応しているので、離れた仲間と同じものを食べながらのオンラインパーディにも」と話す。

 12月25日まで。