食べる 買う

神戸で「バウムクーヘン博覧会」 100周年でご当地バウム120種以上集結

そごう神戸店広報担当の吉田紀代さん

そごう神戸店広報担当の吉田紀代さん

  •  
  •  

 47都道府県のご当地バウムクーヘンが集まる「第4回バウムクーヘン博覧会」が2月28日より、そごう神戸店(神戸市中央区小野柄通8、TEL 078-221-4181)本館9階催会場で開催される。

 2016年3月、「ユーハイム」と「そごう神戸店」の食品担当者が「食べるだけでなく、遊んで学んで体験できるバウムクーヘンの世界をつくりたい」と国内初の同博覧会を発案した。今年3月4日は、日本で初めてバウムクーヘンが焼かれた1919(大正8)年から100年を迎える記念イヤー。全国47都道府県から過去最大の120種類以上(初登場は26ブランド)のご当地バウムクーヘンを販売するほか、新しい体験型コンテンツを展開する。

[広告]

 カフェコーナーでは、進化系バウムクーヘンスイーツが回転レーンに乗って運ばれてくる「バウムメリーゴーランド」が初登場。40分完全入れ替え制で定員は各回22人。バウムクーヘン焼成体験コーナーでは、卓上で自分のオリジナルバウムクーヘンを焼き上げる「テーブルバウム」(1,620円、お土産付き、所要時間は約20分)を行う。

 毎回好評という「焼きたてバウムクーヘン」(324円、各回数量限定)コーナーでは、バターとバニラアイスのトッピング(各108円)を用意。好きなご当地バウムを5種類食べ比べができる「バウムクーヘンBAR47」(5種400円)コーナーも設ける。

 同店広報担当の吉田紀代さんは「バウムクーヘンは100年にわたり継続して愛され続けているスイーツ。味や見た目などいろいろな形で進化し全国に広がっていることを知ってもらい、100年の節目に改めてバウムクーヘンの魅力を感じていただけるイベントになれば」と話す。

 開催時間は10時~20時(最終日は18時閉場)。3月6日まで。

  • はてなブックマークに追加